What's New
Latest Comment
Latest Trackback
Login
ID:
PASS:
 
Admin Login
PASS:
 
webfrog
WebFrog Blog 1.02

rss

2019/06/25(Tue)

[アハ・ランチ] 本日の。

image_5d88da9c001c3

日替わりアハランチ。

<美と健康>がテーマ。
本日のメニュー。
「豆乳ゴボウソースのパスタ」
「ミニトマトの出汁ジュレ」
「春菊とパプリカのサラダ」
「パンの器でサラダ〜チーズポテト&スティックセニョール」

昨日の続きですが出汁の取り方です。
鰹はやっぱり削り節で取ると香りが違いますので
ビンに珈琲ドリッパーを乗せて取る方法です。

水に昆布を入れて沸騰したら
挽いた珈琲豆を入れるペーパーに鰹節を「ギューギュー」に詰め
湯を注ぎます。
珈琲を淹れる方法で出汁をいっぺんに取るのです。

琥珀色の液体が落ちて来ます。
量はお好みです。
色が薄いと味も薄くなります。
ペーパーの鰹はそのままで絞ります。
(雑味もカラダには必要ですよね)

出汁のビンの中に昆布もそのまま投入。
熱いうちにみりんと醤油を適量加えてから湯剥きしたトマトを入れておけば
鰹と昆布の「トマトの出汁浸」の完成です。
一晩おくのがベストですが
2〜3時間でもオッケー。

昆布は冷蔵庫で一晩水の中に入れておけば
出汁は出ます。
が、昆布は残ります。
ドリッパー方式で一晩漬けておけば
昆布も美味しく頂けるのです。

この違いは案外大きい。
出汁パックも試しましたが香りは出ない。
鰹節は「枯れ節」がヨイです。

出汁は様々な方法で取れます。
が、一番は簡単で美味しいコト。
料亭式はもったい無い。
少しの手間で美味しければと、色々試しています。
やっぱり出汁は2種以上で取るのがヨイですね。


by akady | 2019/06/25 15:22:30 | アハ・ランチ | comment(2) | trackback(0)
Trackback
TrackbackURL:
http://decored.px2.jp/blog/index.php?exec=Blog::tb&id=5d11cd4a06bb6&r=[6 + 0 の答え]

Comment

De・Zi・Ru

出汁の取り方のそんな方法思いつかなかった(°∀°)
今度やってみようっと!
リメイクパンツも素敵でしたね
想像していたよりしっかりとした布地でした
どんな服と着合わせすれば良いのか?次回まで少し勉強とお財布事情も備えなければ…(((^_^;)
また楽しみにしてますね〜





by けんのすけ (2019/06/25 19:14:40)

でじる。

でじるが何故ダシなのか?
疑問ですが熟字訓の進化中らしいですね〜。
二つ以上の漢字が結合して一語として用いられるようになったものは
「紅葉/もみじ 秋刀魚/さんま」みたいに熟字訓と呼ぶんだとか。
出汁って出し汁とも書くし定着はまだの様です。

近々に仲間入するんですかね。
「昨日、今日、明日」も仲間ですって。
出汁は、ダシと書いた方が早いけど何か料理っぽくないしね。
ドリッパー式はNHKでやってました。
「すごい事考える人いるなー」って関心。
煮る方法には疑問があったからやってみたら
香りが出て美味しかった。
で、改良して昆布も一緒にしてます。

湯量はね、珈琲2〜3杯感覚。
ちょっと使うのに便利なんですよね。
いっぱい必要な時は煮てね。

リメイクパンツはパンチありますよね。
合わせ方次第でカッコイイ。
ダサクならない様にガンバ〜。


by akady (2019/06/26 08:16:57)
タイトル
名前
URL
添付ファイル
スパムチェック 6 + 0 =
内容